【L.A発】お姫様や王冠、靴、海賊まで 子供の腕に「キラキラ光るゴム」

印刷

   9月、新学期がはじまりました。5歳の娘も義務教育がはじまり、さっそく宿題がでています。以前参加した日本語の学校説明会で「幼稚園は小学校の準備期間。宿題がでるのも『きちんと宿題を毎日する』ということを習慣づけるためのものです」と言われましたが、幼稚園で宿題なんて……。

「ママ、これほしい!」

   買い物に行くと娘が指さしたゴム。いつものごとく「いらない、いらない。たかがゴム」といってその場を去ったのですが、後で知ったのがこれ、今、女の子に人気のラバーバンドだったのです。

形やデザインはさまざま

種類はいろいろ。キャラクターのものもあります
種類はいろいろ。キャラクターのものもあります

   このラバーバンド、いろんなところからでているのですが、わかりやすく言うと、シリコン製ゴムです。

   形はいろいろでテーマによってこれまたさまざま。たとえばかわいい系だとお姫様関連のデザインがあり、王冠や靴がデザインされたものもあります。男の子を意識したのか、海賊ものもありますし、アルファベットタイプもありました。

   色もたくさんあります。キラキラと光るものや暗いところで光るラバーバンドも。この間いったお店ではキャラクターものを売っていました。

   子どもたちは、このラバーバンドをブレスレッドのように腕につけるのです。一本ではなく何本もつけるのが楽しいそうで、そんなにたくさんつけると、なんのデザインだかさーっぱりわかりません。でも、ラバーバンドをジャラジャラつけた娘、それはそれはとてもうれしそう。

   先週、公園で一緒に遊んだ女の子たちも腕にはラバーバンドをつけていました。自分が好きではないラバーバンドをお友達にあげたりもするそうです。

お手頃価格も人気の秘密?

こんな風につけます。何本もつけるのが楽しい!
こんな風につけます。何本もつけるのが楽しい!

   ちなみに娘の幼稚園ではこれをつけていくのは禁止。公立の小学校に通う7歳の娘さんをもつ友人にきいたところ、そこは学校につけていってもいいのだとか。

   そういえば、先日、幼稚園の先生が「手遊びしていたからとりあげた」といってラバーバンドを1本手に持っていました。確かについつい手遊びしてしまいそうな品でもあります。

   お値段のほうは99セントからありますが、余り安いものだとすぐにゴムが切れて長持ちしません。3ドルもだせばいいものが買えます。このお手頃価格も人気の秘密なのかもしれません。

   ブレスレッド版ラバーバンドの人気ぶりをみて、指輪版もでているそうです。一体、この人気はいつまで続くのでしょうね。

野村香奈

【プロフィル】
野村 香奈(のむら かな)
1970年鹿児島生まれ。上智大学卒業。「AERA」「週刊朝日」で主にエンターテインメントの編集を担当した後、2000年8月に結婚により渡米。ロサンゼルスの日系無料情報誌でライターも経験。趣味はドライブ、おいしいものを食べること、情報収集、そして、MLB(メジャーリーグ)観戦。LA TimesとPeopleを愛読。現在、ロサンゼルス近郊のニューポートビーチ市(Newport Beach)在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中