内田樹氏、マンガを読み解く

印刷
専門家とは違う観点から斬り込む、ウチダ流のするどい視点
専門家とは違う観点から斬り込む、ウチダ流のするどい視点

   小学館クリエイティブは、神戸女学院大学教授で思想家・内田樹氏の新刊「街場のマンガ論」を2010年10月上旬に発売する。

   著書「日本辺境論」で2010年日本新書大賞を受賞した内田氏の人気ブログ「内田樹の研究室」から、漫画についての内容をよりすぐり書籍化したもの。小学館クリエイティブ漫画評論シリーズの第3作目となる本書は、「バガボンド」に隠された「教育的本質」を語り、「エースをねらえ!」から男の生きざまと武道の精神を学ぶといったようにエッセイや作品論、日本論などを、漫画を通して語る1冊。解剖学者の養老孟司氏との対談も収録している。

   四六判で、価格は1470円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中