「世界初」、メガネなし液晶テレビ「3Dレグザ」

印刷
写真は12型。パーソナルサイズで使いやすい
写真は12型。パーソナルサイズで使いやすい

   東芝は2010年12月下旬、専用メガネを使わずに3D映像を視聴できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」から、20V型「20GL1」と12V型「12GL1」を発売する。同社によると、民放用デジタル液晶テレビでは世界初という。

   新商品は、自然で見やすくするためにインテグラルイメージング(光線再生)方式を採用した。これは、視聴位置に応じて位置や角度が異なる、複数の映像を同時に映し出す仕組み。左右それぞれの目で異なる映像をとらえるので、専用メガネが不要となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中