JT「ルーツ」、10年目進化の秘密は「缶」にあり!

印刷

   誕生10周年目を迎えたJTの缶コーヒーブランド「Roots(ルーツ)」。2010年秋のリニューアルでは「アロマインパクト」シリーズから3つの新商品がラインアップされるが、10周年目の節目にあわせ、缶の形状をさらに変えたのが最大の特徴だ。開発担当者は「香りを最大限に引き出せた」と自信をのぞかせている。

「カフェやビールのタンブラーからイメージ」

Roots「アロマインパクト」シリーズの新商品。左から「微糖スペシャル」「マスターズ」「ブラック」
Roots「アロマインパクト」シリーズの新商品。左から「微糖スペシャル」「マスターズ」「ブラック」

   2010年10月4日に発売された新商品は「マスターズ」「微糖スペシャル」「ブラック」の3つ。新商品はいずれも、香りへのこだわりを追求した「インパクト焙煎」を採用している。コーヒー豆の特性にあわせ焙煎する豆の量を調整し、高温で一気に焼き上げることで、香りを最大限に引き出した。

   「マスターズ」はルーツの集大成という意味合いが込められ、グァテマラ産高地産豆のハードビーンをブレンドした、砂糖とミルク入りのレギュラータイプ。「微糖スペシャル」は定温(15℃)輸送で持ち込んだブラジル産高級豆をブレンドしており、香り立ちがよく、スッキリと飲めるのが特長だ。「ブラック」はチャフと呼ばれるコーヒー豆に挟まっている薄皮の混入を減らし、コクがありながらもクリアな飲み心地を実現している。

   新商品でとりわけ目を引くのが「缶」の形状だ。「タンブラー缶」と呼ばれるその形状は、缶の胴回りを流線型にくぼませ、手になじみやすいフォルムを採用、従来の缶(JT従来品)に比べて、6mmほど背が高くなった点が新しい。JT飲料事業部で商品開発を担当した菊地恵一さんは「カフェやビールのタンブラーからイメージして作成した」と説明する。缶が握りやすく、手にフィットしやすいだけでなく、缶の背が高くなったことで、店頭での存在感をアップする狙いがあった。

   また、新形状の缶は加熱殺菌時間を短縮させるという。一般的に缶コーヒーには加熱殺菌が欠かせず、また加熱時間は短い方がおいしいと考えているJTが、今回、缶の中心部をくぼませたことで、加熱殺菌する際の蒸気の通りがよくなり、効率よく加熱できるようになった。菊地さんは「加熱殺菌時間を極力少なくすることがおいしさへの近道」として、いれたてのコーヒーの味わいにより近づいたと話す。ちなみに製造過程では、圧力の条件を細かく設定するなど工夫を凝らしているそうだ。

実力派歌手6人で結成した「コーラスジャパン」に注目

CMに出演する鈴木雅之さん(左から3人目)ら「コーラスジャパン」
CMに出演する鈴木雅之さん(左から3人目)ら「コーラスジャパン」

   一方、新商品発売にあわせてオンエアされている新テレビCMも話題になりそうだ。新テレビCMは、布施明さん、石川さゆりさん、杏里さん、鈴木雅之さん、松浦亜弥さん、堂珍嘉邦さん(CHEMISTRY)ら実力派歌手6人により結成されたスペシャルユニット「コーラスジャパン」が登場する。

   スペシャルユニットがCM中で歌う楽曲「根の歌」は、「ひたむきに働いて、今の日本を支えている人たちを応援したい」という思いから作られたもので、いずれは春がおとずれることを歌い上げた人生応援歌となっている。なお、「コーラスジャパン」による特別映像はオフィシャルwebサイト(http://www.jt-roots.com/)で順次公開され、「根の歌」は携帯電話配信サイトやPC音楽サイトでの配信とCD発売も予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中