ノーベル賞受賞で注目の「クロスカップリング」って? 科学未来館で解説トーク

印刷
科学未来館で「クロスカップリング反応」を理解しよう
科学未来館で「クロスカップリング反応」を理解しよう

   2010年のノーベル化学賞に、米パデュー大学特別教授の根岸英一氏と北海道大学名誉教授の鈴木章氏の日本人2氏が決まったことを受け、東京・台場の日本科学未来館では、受賞対象となった「クロスカップリング反応」について紹介する「サイエンス・ミニトーク」を行う。

   医薬品原料や、液晶などの電子機器原料といった各種の工業製品製造に欠かせない「クロスカップリング反応」の開発が評価された。

   「ミニトーク」は、10年10月7日から11日までの4日間にわたり、11時45分~と14時45分からの各日2回実施。「クロスカップリング反応」について、15分間程度で専門家が分かりやすく解説する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中