2018年 7月 21日 (土)

「複数の問い合わせがきている」、マンダリン「5500万貸し切り」報道で

印刷

   東京・日本橋にある高級ホテル・マンダリン オリエンタル 東京は2010年10月5日、開業5周年を記念した「一日全館貸し切りプラン」を発表した。

定員は最大500人まで

全館貸し切りで5500万円!
全館貸し切りで5500万円!

   同プランは、250平方メートルの最高級スイートルームを含む全客室と飲食施設、スパ、宴会場を一括で15時から翌日正午まで貸し出すというものだ。全178客室の宿泊料金、立食パーティー、9つの料飲施設の利用料が含まれており、「天空のスパ」とも呼ばれる快適なスパも利用できる。

   また立食パーティーでは、2大洋菓子コンテストの1つとして知られている「ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ」の味覚部門で日本人として初めて優勝した同ホテルのパティシエ・五十嵐宏氏が、要望に合わせて作り上げるオリジナルケーキも提供する。

   対象期間は11年11月30日までで料金は5500万円。サービス料10%と東京都宿泊税は別にかかり、1企業・団体(定員は500人)または個人での利用を受け付けている。ちなみに、このプランで提供されるサービスの通常料金を単純に足すと、合計で7000万円ほどだという。

購入者がいれば「ギネスに申請」へ

   それでも一見、5500万円という料金設定は高そうに見える。だが、マンダリン東京は、ガイド本「ミシュランガイド東京」でホテル部門最高位「5レッドパビリオン」を獲得。また、米格付け機関アメリカン・アカデミー・オブ・ホスピタリティー・サイエンスからも世界初「6ツ星ホテル」認定を受けており、いわば世界でも最高峰の評価を得ているホテルなのだ。実際、過去には数千万円規模のパーティーも行われたことがあるそうだ。

   ちなみに、同プランは発表直後からメディアなどから高い注目を集め、担当者は「企業や代理店などから複数の問い合わせが来ている」と話しており、もし、プランの購入者がいた場合は「世界一高額なホテル宿泊パッケージの販売」としてギネスブックに申請する予定となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中