NTTPCとNTTcom、クラウドサービス「WebARENA CLOUD9」の提供開始

印刷
新発売されたパブリッククラウドサービス「WebARENA CLOUD9」
新発売されたパブリッククラウドサービス「WebARENA CLOUD9」

   NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2010年10月7日、NTT Comグループの米国Verio社が開発したクラウドプラットフォームを日本市場向けに対応させた、パブリッククラウドサービス「WebARENA CLOUD9(ウェブアリーナ クラウドナイン)」を発売した。

   同サービスは「すべての会社にクラウドを。」をコンセプトに、中堅・中小企業が手軽に導入できるクラウド環境の提案を目指すものだ。高い安定性とセキュリティーに優れ、柔軟なリソース変更と料金体系が魅力になっていて、サイト運営の初期投資を最小限に抑えながら、将来のアクセス増にも拡張対応できる。また、使いたい時にすぐに使えるのもメリットで、最短約3分で開通できるという。初期費用は基本プランで5250円。月額料金は4800円(クレジットカード払い)か5640円(請求書払い)。その他にも「DNSアウトソーシング」「Web改ざん見地サービス」などオプションもある。

   「WebARENA CLOUD9」の発売を機に、NTTPCはクラウド市場へ本格参入するとともに今後、ネットワークやWebホスティング、セキュリティーなどをまとめて導入できるパッケージ型クラウドサービスなど新サービスの提供を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中