外交官が明かす、個人「発信」力の持つ意味と希望

印刷
人生を変える「発信」とは?
人生を変える「発信」とは?
「オープンな空間で、ロジカルに意見を述べ、共鳴を得る――国際会議を舞台に戦う外交官のノウハウは、ツイッターやブログでの情報発信力とまったく同じだ」

   ジャーナリストの佐々木俊尚氏は新刊本にこんな推薦文を贈った。その書とは、ディスカヴァー・トゥエンティワンから2010年7月17日に発売されて話題になっている『ビジネスパーソンのためのツイッター時代の個人「発信」力』(著・北野充)だ。

   ツイッター、ブログ、論文、勉強会・・・。現代はまさに「発信」する力がものをいう時代だといっていい。「発信」が自己実現や自身の成長をおたらし、新たなビジネスを生むことへとつながる。海外に赴任していた際、「発信」力の重要性をまのあたりにした著者の外務省アジア大洋州局審議官・北野充氏は、同書の中で、「発信」の意味や始め方、効果的な手法などについて詳しく解説しており、「この本は発信できる人間になりたいと思うビジネスパーソンを応援するためのもの」と位置づけている。

   単行本(ソフトカバー)、256ページ。 定価1575円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中