冤罪被害者・菅家氏と司法制度の問題点を語る

印刷
菅家利和氏(撮影:長谷川雅宏)
菅家利和氏(撮影:長谷川雅宏)

   ブレイン・コミュニケーションズは、参加型トークイベント「リセンス学級会 オトナのホームルーム」の10月開講科目「証言~失われた6396日~」を、足利事件冤罪(えんざい)被害者・菅家利和氏を招き2010年10月21日19時から東京・西新宿の芸能花伝舎で開催する。

   足利事件で無期懲役の判決を受けてから20年後の2010年3月に無罪が確定した菅家氏を招き、冤罪被害者の立場から見る司法制度の問題点について参加者とともに議論するというもの。ゲストとして1996年から足利事件を担当した泉澤章弁護士も登場する。

   申し込み時に、聴講のほか発言もできる「生徒席」と聴講のみの「参観席」が選べ、軽い給食も出る。

   参加費は「生徒席」、「参観席」ともに2500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中