2018年 7月 22日 (日)

遠赤外線でニオイ分解、石窯スチームオーブンレンジ

印刷
キッチンファニチャーに、背面をピッタリつけて設置できる設計
キッチンファニチャーに、背面をピッタリつけて設置できる設計

   東芝ホームアプライアンスは、スチームオーブンレンジの新商品として、高温時にニオイを分解する脱臭機能を備えた「遠赤・脱臭ブラックコート」を採用し、また背面を壁にピッタリつけて設置できる「石窯スチームオーブンレンジ ER-J6」を、2010年10月下旬に発売する。

   新商品は、「遠赤・脱臭ブラックコート」をレンジ内の4面に採用。ピザやパン、ハンバーグなどのメニューの焼き上げに適した、遠赤外線の効果によるオーブン調理ができる。

   角皿の溝にお湯を入れて発生させるスチームでフランスパンも手軽に焼けるほか、初めてでも1時間ほどで焼きたてパンが楽しめる「らくらくベーカリー」や、市販の調理パンを焼きたてのようにあたためる「ふっくらパン」などのパンメニューを充実した。

   栄養を逃さない「ゆで野菜」(レンジ機能)や、少量の油で揚げ物をする「ローカロリーフライ」などのヘルシー調理もでき、インバーター1000ワットの出力でごはんやおかずをすばやく温める。

   本体の大きさは奥行き410ミリで、庫内は掃除しやすいフラット仕様。キッチンファニチャーなどに置きやすいよう、背面を壁にピッタリつけて設置できる設計にした。容量は21リットル。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中