「2010世界バレー」女子大会決勝ラウンド6試合を3D撮影

印刷

   ソニーは、2010年11月13日および14日に予定されている「2010世界バレー女子・日本大会」決勝戦計6試合をTBSテレビと共同で3D撮影する。

   撮影にはソニー製の放送業務用カメラ「HDC-F950」計4台を使用し、2か所のアングルから3D撮影や、スーパースローモーションカメラ「HDC-3300」2台1セットを使用したスーパースローモーションでの3D撮影も行う。

   FIVB(国際バレーボール連盟)が主催する大会を3D撮影するのは、今回が世界初の試みとなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中