2018年 7月 21日 (土)

人気店から老舗まで、「パリのお菓子」巡る一冊

印刷
パリのお菓子を巡るガイドブックの決定版!
パリのお菓子を巡るガイドブックの決定版!

   阪急コミュニケーションズは2010年9月17日、フィガロブックスから新刊本『パリのお菓子。』(編・フィガロジャポン編集部)を発売した。

   『フィガロジャポン』の人気特集を書籍化したもので、雑誌には掲載されなかった、オープンしたての話題のパティスリーも紹介している。たとえば、パリの街外れ20区にある『シュクレ・カカオ』は、地元の住民はもとより、遠方からも訪れる客があとを絶たない人気のお店だ。特に、旬のフルーツをのせて焼き上げたタルトは絶品だといい、写真をみているだけでもよだれが出てきそう。

   「パリっ子が教えるとっておきの1軒」「ティータイムにのんびり過ごすサロン・ド・テ」などの特集も楽しい。巻末に、特別付録として、有名パティスリーが「リンゴタルト」「サントノレ」「フラン」など自慢のレシピを教えている。

   パリのお菓子屋さんマップ付き。

   単行本(ソフトカバー)、128ページ。1575円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中