床下ロボ「モーグル」運用スタート

印刷
住宅診断の頼もしい味方
住宅診断の頼もしい味方

   大和ハウス工業は2010年10月21日、住宅の床下点検ロボット「moogle(モーグル)」を11年4月1日から運用すると発表した。

   全長50cm、全幅30cm、全高24cmの本体に、発光ダイオード(LED)照明と前後上下可動の点検用CCDカメラなどを搭載したもの。撮影した画像は無線LAN経由で伝送し、操作用パソコンの画面にリアルタイムで表示する。内蔵バッテリーで最大60分以上の連続使用が可能。

   同社の戸建住宅購入者を対象に、子会社を通じて行っている定期点検などで使用する。従来は、作業員が床下に入って検査を行っていたが、高さが50cm程度と低く、作業員への負担が大きかった。

   筑波大などと06年に共同開発を始め、09年4月からは現場で試験運用を行っていた。名称の「moogle」は、モグラに似たデザインで、床下に「もぐる」ことから命名したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中