イケア、「11億円」を子どもたちに寄付 「ソフトトイ・キャンペーン」開始

印刷
1ユーロが子どもたちの教育に
1ユーロが子どもたちの教育に

   イケア・ジャパンは2010年11月1日から11年1月3日まで、全ストアで「ソフトトイ・キャンペーン」を実施する。

   ぬいぐるみなどの「ソフトトイ」1個や子どもの絵本1冊の売り上げに対し、1ユーロ(約110円)を寄付するというもので、寄付の対象は、ユニセフとセーブ・ザ・チルドレンが実施している、子どもたちが質の高い教育を受ける支援をするプログラム。キャンペーンが始まった2003年から合計で、2380万ユーロ(約26億1800万円)が、支援を必要とする40か国・800万人の子どもたちに寄付されたという。

   10年度、全世界における目標額は1000万ユーロ(約11億円)で、イケア・ジャパンは、そのうちの30万ユーロ(約3300万円)を目標にしている。2010年12月24日から2011年1月3日までの期間は、イケアの子ども用商品やイケアレストランのキッズメニューすべてが対象商品となり、1単位の売り上げごとに1ユーロを寄付する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中