裸眼でも楽しめる「3Dディスプレイ」

印刷
いち早く3Dを楽しみたい方に
いち早く3Dを楽しみたい方に

   VMJ(東京・千代田区)とサードウェーブ(東京・千代田区)は2010年10月5日、「裸眼3D立体22型ディスプレイ・システム」を発売した。価格は12万8000円。

   同商品は、3Dメガネを利用する必要がなく、高額になりがちな3Dシステムを低価格で提供している。3Dで作られているゲームソフトの多くが裸眼で楽しめるうえ、2Dを3Dに自動変換できるソフトもインストールされている。ゲーム好きにはうれしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中