2018年 5月 28日 (月)

「火山泥」入浴剤で発汗エステ

印刷
『火山泥エステ』(上)と『白泥エステ』(下)
『火山泥エステ』(上)と『白泥エステ』(下)

   バイソンは、1包バラ売り入浴剤「泥エステ」シリーズを開発、2010年8月23日から、「爆汗湯(ばっかんとう)」ブランドとして『火山泥エステ』と『白泥エステ』(いずれも60g、252円)を発売している。

   同社は、20代女性のバラ売り入浴剤に対するニーズ、発汗への関心が高いことに着目し、彼女たちから「発汗」「美肌」など好イメージをもたれている泥成分を含有した「泥エステ」シリーズを開発した。

   『火山泥エステ』にはモロッコ産火山泥をプラスした「スッキリHOT成分」を、また、『白泥エステ』には、フランス産白泥をプラスした「つるつる美肌成分」を配合しており、「爆汗湯」ブランド共通の発汗感と角質ケアが楽しめるという。

   ちなみに、「爆汗湯」ブランド入浴剤には、共通成分として、「ひきしめHOT成分」「ゲルマニウム」「温泉ミネラル」を配合。サウンドシュガー(うるおい粒)から炭酸ガスがはじけて音がするパチパチ感も楽しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中