生誕150年で「ミュシャ」企画展

印刷
アルフォンス・ミュシャ<第6回 ソコル祭>1912年 リトグラフ、紙
アルフォンス・ミュシャ<第6回 ソコル祭>1912年 リトグラフ、紙

   堺市立文化館(大阪府)のアルフォンス・ミュシャ館で、2010年11月20日~11年3月21日まで、企画展「アルフォンス・ミュシャ生誕 150年記念 知られざる制作の秘密展」が開催される。

   ミュシャはアール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナーで、堺市が所蔵するミュシャ・コレクションの中から、素描や原画、油彩といった、ここでしか見られない貴重な1点ものを中心に約100点を鑑賞することができる。

   開催期間中、館内でアンケートに答えると、毎月5人に同館のオリジナル・トートバッグ(非売品)がプレゼントされる。

   観覧料は一般500円、高校・大学生300円、小・中学生100円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中