「赤ペン先生」、デジタル添削&ネットで返却

印刷

   ベネッセコーポレーションは2010年11月5日、通信講座「進研ゼミ小学講座」を受ける小学5~6年生を対象としたサービス「添削指導問題のネット返却」をスタートすると発表した。サービスの実施は2011年4月からを予定。

   生徒から郵送された添削課題「赤ペン先生の問題」をスキャニングし、デジタル化したデータを「赤ペン先生」が専用タブレットを使って手書き添削を行う。これにより、従来(郵送)は2~3週間かかっていた添削問題の返却を1週間程度に短縮される。

   返却される答案は「手書きの文字が子どもの目の前で動いて指導が行われる」形で添削され、間違いや重要ポイントについて順を追って説明する。また、見直しが終わった段階で復習問題が画面上に表示される仕組みとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中