2018年 7月 21日 (土)

信玄VS謙信、川中島合戦の真相ここに

印刷
『天佑、我にあり』
『天佑、我にあり』

   講談社が2010年8月10日に発売した新刊本『天佑、我にあり』(著・海道龍一郎)が話題になっている。

   歴史に関心がある人には特に読み応えがあるはずだ。川中島の合戦の裏の裏を、精密な地形描写と大胆な人間群像活劇で織り成す、歴史小説の最高峰と言ってもいい。武田と上杉は川中島で4度戦ったが、最後の4度目、なぜ武田軍は大軍の奇襲部隊を派遣したのか、また、なぜ上杉軍はその奇襲をかわせたのか。

   知られざる合戦の真相に迫る一冊だ。

   単行本、610ページ。定価1995円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中