信玄VS謙信、川中島合戦の真相ここに

印刷
『天佑、我にあり』
『天佑、我にあり』

   講談社が2010年8月10日に発売した新刊本『天佑、我にあり』(著・海道龍一郎)が話題になっている。

   歴史に関心がある人には特に読み応えがあるはずだ。川中島の合戦の裏の裏を、精密な地形描写と大胆な人間群像活劇で織り成す、歴史小説の最高峰と言ってもいい。武田と上杉は川中島で4度戦ったが、最後の4度目、なぜ武田軍は大軍の奇襲部隊を派遣したのか、また、なぜ上杉軍はその奇襲をかわせたのか。

   知られざる合戦の真相に迫る一冊だ。

   単行本、610ページ。定価1995円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中