日産、4代目「セレナ」 エコな新設計

印刷
画像は「セレナ Highway STAR <2WD>」
画像は「セレナ Highway STAR <2WD>」

   日産自動車は、ミニバンの「セレナ」をフルモデルチェンジして、2010年11月29日から販売する。

   中・低速トルクが高い新型の2.0リッター直噴「MR20DD」エンジンを採用し、少ないアクセル操作で走行できるうえ、ムダな燃料消費も抑えている。また、ECOモーター式のアイドリングストップシステムを搭載することで、15.4km/Lの低燃費を実現。

   従来型より室内長が300mm長くなるなど室内空間が広く設計されており、快適性と広い荷室スペースを備えている。また、ガラス面積を広くとったデザインにより開放感と運転のしやすい視野を得た。

   なお、「セレナ」は1991年6月から販売しており、今回のフルモデルチェンジで4代目になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中