サンタクロース&シルクも感動、USJ「ワンダー・クリスマス」開幕イベント

印刷
キャラクターとともにカメラに収まるシルクさん(右から3人目)とサンタクロース(同4人目)
キャラクターとともにカメラに収まるシルクさん(右から3人目)とサンタクロース(同4人目)

   ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、冬恒例のイベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」が2010年11月9日から始まった。期間は2011年1月10日まで。

   9日は、一般公開に先駆けプレスプレビューを開催。日本一高いクリスマスツリー(36M)と、ナイトショーのファイナルシーズンを祝い、フィンランドのサンタクロース村からラップランド州公認のサンタクロースが掛けつけた。そのサンタクロースをエスコートしたのはべっぴん芸人のシルクさん。2人は一緒にショーを観賞、クライマックスで天使が矢を放つと、高さ36メートルの日本一高いクリスマスツリーが点灯し、ムードは最高潮になった。その後、参加者らのためにサンタクロースが祈りを捧げると、クリスマスツリーに雪が舞い降り、ゲストから大きな拍手と歓声が。

   シルクさんは、「フィナーレなんて残念すぎる」と名残惜しそうだった。

   なお、サンタクロースは、クリスマス期間中、パークに滞在し、ゲストにあいさつしたり、記念写真に収まったりするという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中