「宙に浮くモデルハウス」 大阪にオープン

印刷

   白井建設(大阪府守口市)は2010年11月8日、「エアー断震工法」を導入した住宅「ジェノアホーム エアー断震住宅」の販売開始を発表するとともに、大阪府摂津市にモデルハウスをオープンした。

   「エアー断震」とは、地震が起きた瞬間、ホバークラフトのように家の基礎部分へ空気を吹き込むことで約25mm浮かせ、揺れを伝えにくくする地震対策工法。地震の揺れを20分の1以下に軽減するうえ、通常の免震工法に比べて約半額のコストで導入できる。また、地震対策工法の中で唯一、タテ揺れの地震に対応することができるという。

   モデルハウスでは随時、浮上実験を行う予定となっており、「エアー断震工法」の体験ができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中