【NY発】「1時間8ドル」でチョー便利 世界に広がるカーシェアの輪

印刷

   何年か前にニューヨークに登場したカーシェアリング。こう見えて保守的な私は、新しい事に挑戦するには、かなり慎重に、よく理解してからでないと手を出しません。

   他人と車を共有するなんて、可能なのか? 自分がきれいに保っても、そうでない人が仲間にいたら? ガソリンを入れる番は? 予約しておいても約束時間に戻ってこなかったら? ここはニューヨーク、自分だけよかったらいい、という自己中心主義の人はたくさんいますから、不安材料はたっぷりです。

時間貸しレンタカーサービスの「ジップカー」

街の一般駐車場内に数台ずつ駐車。会員カードをかざすと、予約した車のドアの鍵が解除される
街の一般駐車場内に数台ずつ駐車。会員カードをかざすと、予約した車のドアの鍵が解除される

   友達が歩いて7ブロック先という同じ町内に引っ越しをすることになり、カーシェアリングの「ジップカー」を借りる事にしました。インターネットで調べると、なんと、すぐ近くの駐車場に、トヨタのピックアップトラックが利用可能。さっそく、4時間予約しました。

   当日、その駐車場に行くと、一般の車両にまじって、ボディに「ジップカー」とかかれた車が3台とまっています。会員証のプラスティックカードを、フロントガラスのマークに近づけると、ドアのロックが解除されました。

   おもわず誰かがカメラでみて遠隔操作しているのかと、キョロキョロしてしまいました。搭載されたテクノロジーのすばらしさに拍手!

   サービスの仕組みは、時間貸しのレンタカーと考えれば分かりやすいと思います。もちろん、シェアリングなので、守るべきルールもあります。たとえば、ガソリンが返却時に4分の1以下になるようだと、車の中に入っているガソリン支払い用カードを使って給油してから返却します。ゴミも処理して、借りた時の状態に戻し、ペットはペット用の敷物や籠を利用する事。タバコも厳禁。

   使用時間終了前に、駐車場の同じ駐車位置にもどして、会員カードでロックしたら終わり。それぞれの車には、すべて名前がついており、半日借りただけなのに、自分の車のように愛着がわいてしまいました。

ニューヨーク市でも実験的な採用を決定



今度、借りたい1時間13ドルのミニクーパー。エンジンキーは、車内にチェーンでつながれています 今度、借りたい1時間13ドルのミニクーパー。エンジンキーは、車内にチェーンでつながれています

   このジップカー、2000年に、ボストンで2人の女性によって創業され、現在、会員数は50万人。NY、ワシントンDC、西海岸のSF、ポートランドなど北米96都市とロンドンの4400か所で、9000台の車で展開しています。

   必要な時だけ、1時間わずか8ドル(NY価格)から借りられ、おまけに一般駐車場のパーキングスペースを数台単位で借りているので、NYなら歩いて数分の距離に利用可能な車が存在するので、まるで自分の車をとめている感覚。

   そして、ニューヨーク市では、市の体質のスマート(利口)化、スリム化、そしてグリーン化を進めており、公用車の一部にジップカーを、実験的に採用する事を決定しました。

   まずは、300人の職員が庁舎の近くの駐車場にあるジップカーの23台のハイブリッドと2台のミニバンを利用する予定です。職員たちも我々と同じく、必要な時だけインターネットで予約することになります。

   公用車にかかる車両代金、駐車場代、保険代、整備代、ガソリン代などを大幅に削減し、4年間で50万ドルの予算の削減を予想しているようです。

坂本真理

【プロフィル】
坂本真理(さかもと まり)
明治大学卒業後、在日米空軍横田基地で写真中隊に勤務。ロータリークラブ大学院奨学金で、アメリカ留学後、東京で「AERA」や「Hanako」など雑誌の写真の仕事をし、99年からニューヨークのアッパーウエストサイドに在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中