カード対戦ゲーム「戦国大戦」 イラストには「ゆでたまご」も

印刷
「織田信長」
Illustration:ゆでたまご
「織田信長」 Illustration:ゆでたまご

   セガは、戦国時代をテーマにした業務用リアルタイムカード対戦ゲーム「戦国大戦」の稼動を2010年11月10日から開始している。

   盤面の上に専用カードを置いてプレイ。カードを動かせば、ゲーム内の部隊が動き、さらに手のひらで押さえる「タッチアクション」で敵軍を攻撃できる。カードを上手く操作し、敵城を落とせば勝利となる。

   大河的でドラマチックなシナリオを楽しめる一人用の「群雄伝」モード、対戦者が東西に分かれ、異なった条件の下で対決を行う「大戦国」モード、全国のプレイヤーと戦える「全国対戦」モードなど、遊び方も多彩だ。

   「武将カード」のイラストには、新進気鋭のイラストレーターをはじめ、「キン肉マン」で有名なゆでたまごさんら多数の著名漫画家も参加しており、コレクション性の高いものになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中