2018年 7月 21日 (土)

2010年、最も借りられたDVDはアレだ!

印刷

   カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2010年11月17日、全国展開するTSUTAYAの利用データから調べた「2010年TSUTAYA年間ランキング」のうちDVD・ブルーレイレンタル部門と販売(セル)部門を発表した。

   TSUTAYA調べによると、DVDレンタル部門総合ランキング1位はやはり、映画新時代を思わせる3D映像美で話題を呼んだジェームズ・キャメロン監督の「アバター」だった。

   2位から5位までは、人類滅亡説をもとに世界の終末を描いたローランド・エメリッヒ監督の「2012」、仮想世界の崩壊と現実世界の混乱、家族の絆(きずな)を描いた細田守監督のアニメ映画「サマーウォーズ」、アレックス・プロヤス監督の映画「ノウイング」、リュック・ベッソンが製作・脚本を手がけたアクション映画「トランスポーター3 アンリミテッド」がランクした。また、20位までに入った作品のうちジャンル別には、洋画13作品、邦画5作品、アニメ2作品。

   一方、セル部門の1位はDVD、ブルーレイともに、今や伝説の人となった"ポップスの帝王"マイケル・ジャクソンさんのドキュメンタリー映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」だった。また、人気アニメの劇場版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」と「ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD」、そしてレンタル部門で1位だった映画「アバター」がランキング上位を獲得した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中