EV版「フィット」初公開 LAモーターショーで

印刷
電気自動車の未来を切り開けるか
電気自動車の未来を切り開けるか

   ホンダは2010年11月17日(現地時間)、米ロサンゼルスで開かれているモーターショーで、小型乗用車「フィット」をベースにした電気自動車(EV)の試作車を公開した。

   公開された試作車「フィットEVコンセプト」は、最高速度144kmで1回の充電での航続可能距離は160km以上。走行性能は、排気量2.0Lのガソリンエンジンと同等だという。試作車を用いた実証試験も10年中に日米で始める。

   同社は12年の市場投入を目指し、EV版「フィット」の開発を進めていたが、試作車の公開はこれが初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中