トヨタ、エコカー大量投入を発表 水素自動車も

印刷

   トヨタ自動車は今後2年程度のエコカー投入モデル数や目標を、2010年11月18日に発表した。

   ハイブリッドカーは、2012年末までに新車とモデルチェンジをあわせて11モデルが投入される。11モデルのなかには、燃費40km/L以上のコンパクトクラス車も含まれる予定。また、2012年の初めまでに「プリウス」ベースのプラグインハイブリッドカーを市販開始し、日本での価格は300万円程度を予定している。

   電気自動車では、iQベースのものを2012年に導入する予定で、年間数千台規模の販売を目指す。さらに、2015年ごろには水素を利用する燃料電池自動車を投入する見込みで、価格の目処は「1000万円を切るレベル」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中