「毛皮のマリーズ」志磨遼平、「音楽と人」の表紙・巻頭特集飾る

印刷
撮影風景
撮影風景

   ロックバンド「毛皮のマリーズ」のフロントマン・志磨遼平が、2010年12月4日に発売される音楽雑誌「音楽と人」の表紙と巻頭特集を飾ることになった。写真を担当したのは、「アラーキー」こと荒木経惟氏で、ロケ地には新宿・ゴールデン街が選ばれ、平日の白昼に撮影が行われた。

   昭和時代のショーケンばりに、白スーツに赤いバラを手にした志磨と、紅色の派手なスカーフをまとい、よく通る声で本能のままにテンポ良く撮影を進めていくアラーキーという初対面の2人の姿は、ただならぬオーラを発していたという。この撮影の模様は、12月4日発売の「音楽と人」で明らかにされる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中