2018年 7月 23日 (月)

美術館が我が家にやってきた!

印刷
リビングや応接室に
リビングや応接室に

   ドリームメーカーは、名作絵画鑑賞システム「デジタル美術館」を2010年11月26日から販売している。

   額縁つき19インチ液晶デジタルフォトフレーム本体と、あらかじめ内蔵メモリーにプリセットされた名作絵画データによって、どこでも手軽に絵画鑑賞ができる商品。40~55作品が収録されており、これらをスライドショーで楽しめる。

   コンテンツは「ゴッホ/ゴーギャン」、「セザンヌ/ルノワール」や歌川広重「東海道五十三次」、葛飾北斎「富嶽三十六景」など全8シリーズを用意。全ての作品は美術館からライセンス承認を得た高精細画像データとなっている。

   カラーは、ゴールド・シルバー・ブラウン・ブラックの4種(「東海道五十三次」、「富嶽三十六景」はブラックのみ)。

   価格は、4万6800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中