2018年 7月 23日 (月)

ふたご座流星群、12月14日がピーク!

印刷
太平洋側の広い地域で「ふたご座流星群」を観測できそうだ(写真はウェザーニューズから)
太平洋側の広い地域で「ふたご座流星群」を観測できそうだ(写真はウェザーニューズから)

   ウェザーニューズは2010年12月7日、ふたご座流星群が2010年12月14日夜から翌15日早朝にかけて、見ごろを迎えると発表した。

   ふたご座流星群とは、かに座流星群、しし座流星群とならぶ「3大流星群」の1つ。条件がととのえば毎年12月中旬ごろ、1時間当たり50個程度の流れ星を楽しめるといわれる。

   当日の天候については、日本海側を除き全国的に雲が少なく、各地で観測できる見込み。また、同社の携帯サイト「ウェザーニュース」では14日夜から10分毎の天気を確認できるサービスを提供するほか、インターネット気象情報番組「SOLiVE24」で全国7か所から生中継される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中