「阿波」だらけ!? 東京・世田谷で堪能する徳島の美味

印刷
徳島丸ごと召し上がれ!
徳島丸ごと召し上がれ!

   東京・世田谷区南烏山に2010年8月オープンの四国料理・居酒屋『阿波市場 うずまき』が人気を呼んでいる。徳島の海産物問屋「阿波市場」の経営で、「まがい品なしの『良いもの』を食べてもらい、『楽しさ』を体験してもらう」がコンセプトで、現地の味そのままの讃岐うどんや、阿波彩鶏、阿波ポーク、阿波牛の中でも最上級ブランドである「一貫牛」などのぜいたくな食材が、絶妙な味付け・料理法で提供される。

   おすすめは、「焼鳥 阿波彩鶏」(150円~)、「阿波ポークのグリル」(850円)、「牛カルビ陶板焼き」(980円)などで、酒類も、マイナス2度のうまさがたんのうできる「エクストラコールドビール」(500円)や焼酎(380円~)、「日本酒」(550円~)などが揃う。酒類と一緒に出される本場鳴門のワカメは食べ放題(無料)。

   営業時間は11時半~15時、17時~24時、無休。京王線・千歳烏山駅東口から徒歩30秒。問い合わせ・予約=03/3307/3335。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中