「技術で地球を考える」2011年のビーバーエアコン

印刷
「プラズマ4Dイオン」と「バイオクリア運転」との「ダブル除菌」(写真はRSMシリーズ)
「プラズマ4Dイオン」と「バイオクリア運転」との「ダブル除菌」(写真はRSMシリーズ)

   三菱重工業は、2011年の省エネ基準をクリアした家庭用ルームエアコン「ビーバーエアコン」の新シリーズ全16機種を、2011年2月中旬から順次発売する。コンセプトは「技術で地球を考える ENE-SAVE」。ラインアップした16機種は、RSMシリーズとRMシリーズがいずれも6~14畳向けに5機種ずつ、標準モデルのTMシリーズが6~18畳向けに6機種を用意した。

   高級モデルのRSMシリーズは、新開発の「高性能ツインロータリーコンプレッサー」を採用するとともに、「高効率熱交換器」、「ベクトルPAMインバーター」など独自の最新テクノロジーを多数導入。高い省エネ性能を発揮するとともに、室内機に新コンパクトデザインの「ECOデザイン室内機」を採用した。

   このシリーズは、室内機から放出するマイナスイオンで防カビ、ウィルス、ダニ、生活臭を抑え、除菌する「プラズマ4Dイオン」機能を搭載。従来から定評のある「バイオクリア運転」との「ダブル除菌」により空気清浄能力を強化した。また、高機能モデルであるRMシリーズ以上の全機種には、「フィルター自動清掃」機能を搭載するなど、多様な生活シーンに応じて、より清潔で快適な空調を提供する。

   すべて、オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中