今夜も「ふたご座流星群」観測のチャンス、関東&道東は絶好

印刷

   ウェザーニューズは2010年12月15日、"ふたご座流星群"のピークを迎えた14日夜~15日早朝にかけて、全国の携帯サイト利用者と共に観測した"ふたご座流星群"の結果を発表した。"ふたご座流星群"の観測結果は、ウェザーニューズの携帯サイトの中で、14日19時~15日5時までの期間、全国の利用者と観測した流星をカウントして報告する機能「流星カウンター」を使用し、全国で合計いくつの流星を見ることができたかを調べたもの。全国から寄せられた流星の報告の総数は2万4503個に及んでいる。

   エリア別に、5366人が観測した平均個数を見てみると、全国の平均では1人あたり4.57個で、最も多く観測できたのは伊豆諸島で15.64個だった。今夜も、"ふたご座流星群"の観測のチャンスはあり、雲の少ない関東や道東では絶好の条件となる見込みだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中