2018年 5月 26日 (土)

SDもHDDも録画できる「ビエラ」

印刷
斜めから見ても大丈夫
斜めから見ても大丈夫

   パナソニックは、デジタルハイビジョン液晶テレビ「ビエラ」X3シリーズ3機種(32v型、26v型、19v型)を2011年2月11日に発売する。

   広視野角な「IPS αパネル」を採用し、斜めから見ても鮮やかで色変化が少ない。LEDバックライトをシーンに応じて制御する「コントラストAI機能」の搭載により深みがある映像の視聴が可能だ。

   また、新たにSDメモリーカードとUSBハードディスクへの番組録画に対応した。ビエラの「番組表」から録画したい番組を選ぶだけで予約録画ができるほか、番組の視聴中に「録画ボタン」を押すだけですぐに録画でき、それを「追っかけ再生」することも可能だ。

   価格はオープンだが、モニター販売の上限価格は32v型が8万0900円 、26v型が6万7400円、19v型が4万9400円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中