「ゴボウ茶」飲んで55歳のDr.南雲が35歳に!?

印刷
『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る! Dr.ナグモの奇跡の若返り術』
『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る! Dr.ナグモの奇跡の若返り術』

   ゴボウで20歳若返る――。いったい何の話かと思うだろうが、2010年11月29日にソフトバンククリエイティブから発売された新刊本『ゴボウ茶を飲むと20歳若返る! Dr.ナグモの奇跡の若返り術』(著・南雲吉則)にそのわけがかかれている。

   ナグモクリニック院長の南雲氏は55歳。10年前からゴボウ茶を飲み始めると、体重は20キロ以上も落ち、メタボ体型からスマートなナイスミドルへと大変身し、見た目も20歳若く見えるという。

   もちろん、「腹六分目の食事」「早寝早起き」「通勤時のウオーキング」という基本的な生活習慣はあったのだが、それらをサポートし、効果をアップさせたのがゴボウ茶だった。特に、ゴボウの皮には不老長寿の栄養素がたくさん入っており、朝鮮人参と同じ効能があるとそうだ。ゴボウ茶の作り方も簡単なので、メタボが気になる方は試してみてもいいのではないか。

   単行本、152ページ。定価1365円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中