島耕作社長、原宿駅で2011年の所信表明発表?

印刷
IT時代なのにあえて「紙」にこだわったキャンペーン!
IT時代なのにあえて「紙」にこだわったキャンペーン!

   講談社のコミック誌「モーニング」の2010年12月22日発売号(4・5合併号)で、同誌のマンガ家陣監修による「紙」にこだわったオリジナル文具グッズが当たる企画「モー紙(し)プレゼント」を実施している。

   キャンペーンで当たるプレゼントは全4種で、(1)マンガのフキダシに書き込める付せん紙「貼(は)れる!1コマメモパッド」、(2)ほぼ1000円冊代の大きさの「20万!?メモパッド」、(3)東村アキコ『主に泣いてます』の主人公・紺野泉の泣くシーンばかりをあしらった「主に泣く用ティッシュカバー」、(4)B3サイズの巨大なコマのフキダシにメモをとれる「巨大フキダシメモパッド」。それぞれのメモパッドには、人気マンガ『社長 島耕作』、『天才柳沢教授の生活』、『特上カバチ!』、『宇宙兄弟』、『GIANT KILLING』などからコマの一部が描かれている。応募方法など詳細は「モープレ」のwebサイトまで。

   また同日からは、「貼(は)れる!1コマメモパッド」をモチーフとした同キャンペーンの告知をJR原宿駅ホーム(渋谷方面)に掲出する。3m×4mの巨大ボードには、島耕作社長による意味深な所信表明ともとれる「日本の少子化を、一緒に止めちゃお!」など、ユニークな書き込み多数。2011年1月6日まで掲出予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中