年賀状「初体験」の小学生が知った 手書きで気持ち伝える大切さ

印刷

   長年続いている年賀状の習慣が、子どもたちにとっては「当たり前」とは言えなくなっているようだ。手紙やはがきを書く機会が減少し、正しくあて名を書けなかったり、自分の住所を覚えていなかったりする子どもまで出てきた。

   はがきに自分の気持ちを文字や絵で表現して相手に伝える行為は、重要なコミュニケーションの一つ。そこで郵便事業株式会社(日本郵便)では、小学校で手紙や年賀状の書き方を指導できるような教材を作成し、授業での取り組みを支援している。

学校で書き方教えられる教材を準備

教材を見ながら年賀状の書き方を学ぶ
教材を見ながら年賀状の書き方を学ぶ
「教材に印刷されている年賀はがきに、郵便番号を書いてみましょう」
「先生、僕、いつも郵便番号書いてないよ」
「お、それはいかんな。ちゃんと書かなきゃダメだぞ」

   担任の教師と生徒のこんな会話が飛びかったのは、千葉県野田市立南部小学校の6年生の教室。3、4時間目の授業で、36人の生徒が年賀状の書き方を学んだのだ。各自の机の上には、日本郵便が制作した教材がある。あて名の書き方から新年のあいさつで使う言葉、2011年の干支(えと)「うさぎ」をはじめ羽子板や鏡もちのイラスト例まで掲載された、子ども向け「年賀状マニュアル」だ。テキストにじかに書き込んで練習したり、絵柄を参考にしたりできる。

   年賀状をはじめ、はがきや手紙をやり取りする子どもは減っている。09年度の文部科学省調査によると、全国の小学校6年生ではがきのあて名を正しく書けたのは67.1%にとどまったという。南部小でも、今回の授業が「人生初の年賀状体験」と話す生徒もいた。子どもにとって、ペンを取って年賀状を書く機会が失われている現状に、日本郵便は08年、「学校で書き方を教えられる教材を」と低、中、高学年用をそれぞれ準備。全国の小学校に向けて、子どもたちに年賀状の体験授業の時間を設けてほしいと呼びかけた。10年12月までに、参加校の数は2406校に達し、賛同する学校は増えている。

おじいちゃん、おばあちゃんに褒められ大喜び

   年賀状を誰に送り、何を伝えたいか。こう問われた生徒たちは、「普段会えない人に送りたい」「おじいちゃん、おばあちゃんにしよう」「また遊ぼうって書こうかな」と思い思いに答える。はがきサイズの用紙が配られると、友だち同士で相談しながら内容を決めて書き始める子もいれば、ひとり黙々と、プロのイラストレーター顔負けの腕前でうさぎの絵を丁寧に描いていく男の子もいる。「書きあがったものは、年賀状コンクールに出します」との担任の言葉に、各自が熱心に取り組んだ。

   文字も絵も、配られた教材を参考にする生徒が多い。年賀状未経験の子どもが少なくないだけに、何をどう書けばよいか「手がかり」となるようだ。郵便事業株式会社国内営業統括本部の林智恵子氏は、「教材は、現場の先生の意見を取り入れながらアップデートしています」と話す。教材には、「出していない人からきたら返事を出そう」と、礼儀を学ぶ内容もある。年の初めの挨拶だけに、元日に相手の手元に届くよう、12月25日までに投函することで、期日を守ることの大切さも意識できるようになるだろう。

   授業の最後には、自分の手を動かして作ったオリジナルの年賀状を手に、生徒たちは満足げな表情を浮かべた。「年賀状の書き方を知らなかったけれど、授業のおかげでよく分かった」「自分で絵や文字を考えて書くのは大変。でも楽しかった」と、貴重な体験となったようだ。

   林氏によると、これまで同様の授業を開いた学校からはお礼の電話や感想が寄せられたという。

「年賀状を送った先のおじいちゃん、おばあちゃんから『字がきれいね』『絵がとっても上手』と褒められて大喜びしたお子さんもいました」

   手書きの大変さを実感することで、返事をくれた相手の苦労も理解できるようになる。林氏は、「将来は、年賀状を出して返事をもらうという一連のやり取りも教えてもらえるようになれば、生徒たちもまた違った勉強ができると思います」と、今後の継続的な取り組みに期待を寄せている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中