日常を3Dにする「3DポータルZ」

印刷
脱力・ナンセンス・ネタ的なコンテンツを3Dで
脱力・ナンセンス・ネタ的なコンテンツを3Dで

   ニフティは2010年12月20日、3Dコンテンツのポータルサイト「3DポータルZ」を開設した。

   コラム・特集サイト「デイリーポータルZ」の編集部が新たに企画・運営するポータルサイトで、独自に制作する3Dコンテンツのほか、3Dコンテンツがある他サイトへのリンク、利用者の投稿による3D写真などを掲載。脱力・ナンセンス・ネタ的なコンテンツを3Dで提供していくという。

   サイトのオープンを記念して、先着4000人には「3DポータルZ」を楽しむための3Dメガネのプレゼントもある。

   今後は動画にも対応。2011年1月からはテキストを3D化し、3D撮影機材を持っていない利用者も簡単に3Dコンテンツを楽しめる「ジェネレーター」のコーナーも開設予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中