2018年 7月 21日 (土)

遮音性保持したスライドタイプ防音ドア

印刷
扉の開閉スペースがない施設にも設置できる(写真は、右引き)
扉の開閉スペースがない施設にも設置できる(写真は、右引き)

   ヤマハは、スライド(横引き)タイプの防音ドア「ヤマハ アビテックス スライド防音ドア」の受注を、2010年12月22日から開始した。

   ヤマハの軽量高遮音の技術と、スライドドアレール機構を有するフジモリ産業の技術を融合し、防音に必要とされる気密機構を共同開発した。スライドタイプながら、従来の防音ドアと変わらない遮音性能を実現。扉の開閉スペースのない施設に設置可能で、バリアフリーにも対応した。

   価格は、木製が67万2000円~72万4500円。スチール製は108万1500円(T‐3)、122万8500円(T‐4)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中