新しい食文化定着目指す、3年目迎える「年明けうどん」

印刷

   香川県内の麺(めん)業界が定着を目指している「年明けうどん」。2011年で3年目となる取り組みへの認知度は、徐々に増しているようだ。関係者も手応えをつかんでいるのは確かだが、「(お正月に食べるのが)当たり前のレベルにまでもっていきたい」とさらなる意欲を語る。

年々増加する商標使用の希望

赤いトッピングを添えて食べる「年明けうどん」
赤いトッピングを添えて食べる「年明けうどん」

   香川県内の麺業界団体・企業で作る「さぬきうどん振興協議会」が「年明けうどん」を提唱しはじめたのは2008年。うどん消費量の落ち込みを打開しようと、「年越しそば」に対抗し提案した。太くて長いうどんは古くから、長寿を祈る縁起物として知られているという。赤いトッピングを添えるのが特長で、かまぼこ、エビ天、梅干しなどをのせて食べる。

   「年明けうどん」の商標使用を希望する業者は年々、増加している。同協議会によると、2010年11月23日現在、製麺業や食品製造業、流通業など45都道府県391社が申請。前年(2010年1月15日集計)に比べて、66件の増加だ。「流通サイドでは取り組みが大きくなりはじめ、だんだん浸透してきたようだ」と事務局長の諏訪輝生さんは手応えを語る。

   香川県内にあるうどん店では、元日から「年明けうどん」を提供する店舗が前年の49店舗から66店舗に拡大。また、香川県内にある栗林公園、土庄八幡神社、善通寺でも元日、数量限定ながらも無料でふるまう行事も予定している。前出の諏訪さんは「年越しそばのように家庭で食べるのが当たり前のレベルにまでもっていくのが目標」だと言い、お正月の新しい食習慣のさらなる定着を目指している。

2011年も販売!日清「どん兵衛」、「はなまるうどん」

   日清食品は2010年12月6日、和風カップめん「日清のどん兵衛」シリーズから「日清のどん兵衛 年明けうどん」(170円)の発売をいち早く発表、12月20日から全国発売される。うどんに梅干をのせることで「紅白」を演出し、「よろこんぶ(喜ぶ)」の語呂合わせから「とろろ昆布」と、長寿を願う「寿カマボコ」を盛り付けた。フタの裏には「開運おせちおみくじ」があるのも面白い。

   「年明けうどん」を売り出すのは前年に続き2度目。同社の広報によると、前年の売れ行きは予想を超える好調ぶりで、用意した分は完売。味や盛りつけが豊富なラーメンはブームになりやすいが、うどん・そばなど和風めんのジャンルでは話題になりにくい傾向にあり、「年明けうどん」の取り組みを面白く感じているそうだ。

   また、讃岐うどんチェーンを展開する「はなまる」も2011年元日からお正月限定で、「めで鯛年明けうどん」を売り出す。刺し身用の新鮮なタイに、熱々のお出し、五色あられとかまぼこを添えたメニューだ。1月10日までの販売で、価格は580円。同社ではこれが3度目の実施となるが、担当者は「季節的な縁起のよい食べ物として人気がある。食文化の1つとして全国的に定着してほしい」と期待を寄せる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中