脚光浴びるノルウェー音楽 女神の仕掛けた「謎めいた謎」

印刷
mono84399_pho01.jpg

カリ・ブレムネス
謎めいた謎
OMCX-1001
2548円
1995年11月10日発売
オーマガトキ


   村上春樹の小説「ノルウェイの森」が映画化、上映される流れの中で、小説そのものの「原典」ともいえるビートルズの『ラバー・ソウル』に収められた同名曲への若い世代の関心も高まった。

   ジョージ・ハリソンがおそらく英米のロック/ポップス史上初めてインドの民族楽器シタールを演奏し、その音色の豊かさ、美しさに誰もが耳を凝らし、目を瞠(みは)り、感嘆したのがこの曲だった。

   そしてビートルズとともに、映画「ノルウェイの森」で脚光を浴びているのが、まさに北欧・ノルウェーだ。

演劇的、哲学的に歌い上げるカリ・ブレムネス

   ノルウェーの音楽シーンは、あまり知られていないのだが、驚くほど豊穣で、一度耳にすると無視できなくなる。いつか紹介するつもりだが、ハルダンゲル・ヴァイオリン、ランゲレイクなどの民族楽器の音も特筆ものだ。

   ノルウェーの音楽で、ボクが最もよく聴いた女性ジャズ・シンガーのアルバム、それが、カリ・ブレムネスの『謎めいた謎』(1994)だ。演劇的で哲学的で、しかも独創的。なにより優れた音楽性に驚かされた。

   実はカリ・ブレムネスは、1995年に来日公演を行なっている。民族音楽系の歌を歌うアンネ・カリン・コーサとのジョイント・コンサートで、その時のステージ台本を頼まれて書いたことがあった。

   まったく趣の違う2人を、どこで折り合いをつけて一つのステージにできるか、頭を悩ませた記憶がある。この時、毎日のように、その時点での最新作として『謎めいた謎』の輸入盤を聴きまくっていたのだ。

北欧の女神のようなオーラに圧倒

   来日したカリ・ブレムネスとは、何日間かリハーサルも含めずっと一緒だった。

   長身の、北欧の運命の女神「ノルン」の次女、ヴェルザンディのようなオーラを放っていたのを思い出す(オーラを見たわけじゃないけどね。そんな雰囲気を醸し出していた)。クレバーでハッキリとした意志と強い心を持った女性だった。

   そのカリ・ブレムネスが、この12月3日に30周年記念の2枚組ベストアルバム『Fantastisk Allerade』を出した。1987年のデビュー作『Mitt Ville Hjerte』から2009年の『Ly』までの、オリジナル全13作からピックアップした33曲が収められている。ただ、日本での発売はなく、オランダ発の輸入盤しかないようで、手に入れ難いかもしれない。

   以前の作品は日本盤で売られているモノもある。やや古い作品だが、今回紹介したボクの好きな『謎めいた謎』は手に入れやすいだろうと思う。いまでも決して古びない、ゾクゾクする作品だ。

加藤 普

【謎めいた謎 収録曲】
1. ベルリンの愛人
2. フィオラ
3. 謎めいた謎
4. あなたのクロゼットの中に
5. タンジェールのバーで
6. 汽車の歌
7. 光輝く橋
8. 女神たちのおしゃべり
9. 過ぎ去った人生
10. すべての愛らしいものには赤を

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中