2018年 7月 23日 (月)

メディアアートを体感する12日間

印刷
写真はアニメーション部門大賞のテレビアニメ「四畳半神話体系」(湯浅政明監督)(C)四畳半主義者の会
写真はアニメーション部門大賞のテレビアニメ「四畳半神話体系」(湯浅政明監督)(C)四畳半主義者の会

   文化庁、国立新美術館、CG-ARTS協会は、「第14回文化庁メディア芸術祭」を2011年2月2日~2月13日まで、国立新美術館と東京ミッドタウンで開催する。

   アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門、計2645作品から選ばれた受賞作品と審査委員会推薦作品約170点を展示、上映するもの。また今回はアーティストやクリエイターによるシンポジウムやプレゼンテーションを充実させ、これらのイベントはユーストリームによる動画配信「メディア芸術祭UST」でも紹介される。

   観覧料は無料。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中