メディアアートを体感する12日間

印刷
写真はアニメーション部門大賞のテレビアニメ「四畳半神話体系」(湯浅政明監督)(C)四畳半主義者の会
写真はアニメーション部門大賞のテレビアニメ「四畳半神話体系」(湯浅政明監督)(C)四畳半主義者の会

   文化庁、国立新美術館、CG-ARTS協会は、「第14回文化庁メディア芸術祭」を2011年2月2日~2月13日まで、国立新美術館と東京ミッドタウンで開催する。

   アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門、計2645作品から選ばれた受賞作品と審査委員会推薦作品約170点を展示、上映するもの。また今回はアーティストやクリエイターによるシンポジウムやプレゼンテーションを充実させ、これらのイベントはユーストリームによる動画配信「メディア芸術祭UST」でも紹介される。

   観覧料は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中