2018年 7月 17日 (火)

Android搭載「ビエラ・タブレット」 パナソニックが米で試作品展示

印刷

   パナソニックは2011年1月6日、スマート端末「ビエラ・タブレット」の試作機を発表。アメリカ・ラスベガスで開催中の家電イベント「2011CES」(1月6日~9日)で出展している。

   デジタルテレビ・ビエラと連携しクラウドサービスにも対応する、小型ディスプレイとタッチパネル対応のスマート端末で、OSはグーグル「Android」を搭載。テレビ画面の映像に関連する情報などを表示する「子画面」としての機能もあわせもっている。本体は4型~10型程度の異なるディスプレイサイズを持つ機種で展開を予定だという。

   また、クラウド型の新テレビ向けインターネットサービス「VIERA Connect」を今春からはじめることも発表。新サービスは、テレビの画面上で映画やテレビ番組の視聴だけでなく、リモコン操作で「スポーツ」、「ヘルス&フィットネス」、「本格ゲーム」などのコンテンツをオンライン上で楽しめるというものだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中