2018年 5月 25日 (金)

カツ丼で「絶対カツ」 AKB48が受験生応援フェア

印刷
カツ丼をほおばるAKB48メンバー。左から前田亜美さん、小嶋陽菜さん、高橋みなみさん
カツ丼をほおばるAKB48メンバー。左から前田亜美さん、小嶋陽菜さん、高橋みなみさん

   持ち帰り弁当ブランド「ほっともっと」が展開する受験生応援キャンペーン「GO!カツフェア」の記者発表会が2011年1月10日、都内で行われ、イメージキャラクターに起用されたアイドルグループ「AKB48」の人気メンバー5人がかけつけた。

   キャンペーンは、「合格」と「カツ(勝つ)」をかけたもので、定番の「ロースかつ丼」や新商品の「クリームシチューかつ丼」「お好みソースかつ丼」を購入すると、携帯電話用の待ち受け画像をダウンロードできる。

   発表会では、「たかみな」こと高橋みなみさん(19)ら5人が、「家庭教師のトライ」の受験生を前にカツ丼を試食。小嶋陽菜さん(22)は

「朝から何も食べていなかったので、お腹をすかしたかいがありました」

と話した。その一方、高橋さんは

「本当にカツ丼が大好き。『ロースカツ丼』はシンプル・イズ・ベスト。たくあんにも力が入っているのがいいです!」

と、満面の笑みを浮かべながらも、

「勝負の時はカツ丼を食べるのですが、(10年9月の)『ジャンケン選抜』の時は、カツ丼が手に入らなかったのでカツサンドで妥協したら、初戦敗退でした…」

と、「苦い」エピソードも披露していた。

   メンバーは受験生にカツ丼を手渡しながら、「絶対カツ!」などとエールを送っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中