鉛フリーのガラス素材でエコに貢献、太陽電池向けに

印刷
焼結用粉末ガラスの外観
焼結用粉末ガラスの外観

   旭硝子(AGC)は結晶シリコン系太陽電池用電極向けに、鉛を使わない焼結用粉末ガラスの販売を、2011年1月に開始した。

   結晶シリコン系太陽電池セルの電極は、アルミや銀などの金属ペーストをシリコン基板上へ塗布後に加熱し、焼結成型する。その際に金属ペーストへ焼結用粉末ガラスを数%添加することで、金属とシリコンの密着性、電気特性、経時耐久性を高められるほか、焼成後のシリコン基板の反りを抑制できるため、焼結用粉末ガラスは太陽電池セルの重要な特性を左右するキーマテリアルとなっている。

   従来の焼結用粉末ガラスには鉛を含有するガラスが使用されていたが、AGCは長年培ったガラスの組成設計、粉砕、評価解析技術を用いて、鉛フリーの焼結用粉末ガラスを開発。今回はビスマス系の組成をもつガラスで、太陽電池電極用としてクリティカルな耐酸性について、従来の鉛入りガラスに比べて2倍以上の高い性能を有している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中