「釣り」は狙って釣らなきゃ それには必要な知識がある!

印刷
『釣りはこんなにサイエンス 気象から地理・生態、さらに魚の気持ちまでバッチリわかる!』
『釣りはこんなにサイエンス 気象から地理・生態、さらに魚の気持ちまでバッチリわかる!』

   ソフトバンククリエイティブはサイエンス・アイ新書から新刊本『釣りはこんなにサイエンス 気象から地理・生態、さらに魚の気持ちまでバッチリわかる!』(著・高木道郎)を2010年12月18日に発売した。

   日本人の6.5人に1人が「釣り好き」なのだとか。釣りは、それほどポピュラーになっているレジャーなのだが、「釣った」ではなく「釣れた」と喜んでいる人が多いように思われる。今回発売された本では、魚自体のことや天候・環境など、「大物」をゲットするために必要な知識を、科学的な視点も含めてあますところなく教えている。さらに、釣りのさまざまなテクニックはもちろん、釣った魚をおいしく食べるための、血抜きの仕方なども図解とともに詳しく説明されており、とても便利だ。

   新書、208ページ。定価1000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中