思わず二度見しちゃう「逆チョコ」シリーズ

印刷
不思議な感覚に囚われるパッケージ
不思議な感覚に囚われるパッケージ

   森永製菓は、2011年1月12日、バレンタインの定番となりつつある「逆チョコ(男性が女性にあげるチョコレート)」にちなんだ逆デザインパッケージの商品を発売する。

   2008年から続く逆デザインパッケージシリーズ。相手の女性に気をつかわせないユニークなプチギフトとして、広く受け入れられている。

   今年販売するのは、「逆ダース<ミルク>」「逆小枝<ミルク>」「逆カレ・ド・ショコラ<フレンチミルク>」の3品。中身の品質はそれぞれ通常品と同じだが、「逆ダース<ミルク>」のみ、12粒すべてにきざまれた「HAPPYダース」という刻印まで逆になっているものが7箱に1箱の割合であるという。

   価格は、「逆ダース<ミルク>」が105円、「逆小枝<ミルク>」が179円、「逆カレ・ド・ショコラ<フレンチミルク>」が315円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中