「満室」にするにはコツがある ビルオーナー必見の極意

印刷
中小オフィスビル経営の極意
中小オフィスビル経営の極意

   幻冬舎は2010年12月20日、新刊本 『空室を抱える中小オフィスビルオーナーのための 満室ビル経営』を発売した。

   都心のオフィスビル空室率は、2010年10月の時点で8.85%。地方都市に至っては都心以上に苦しい状況にあるといい、オーナーは空室に悩むじり貧の経営を強いられている。ただ、こうした不況の中でも満室のビルはある。空室ばかりのビルと満室のビル、そこには一体どんな差があるというのか?

   同書で、競合物件の調査から、リフォーム、効果的な募集方法など、満室経営の具体的なノウハウを初公開しているのは、貸ビル業40数年という豊富な経験を持つ佐々木泰樹氏だ。

   佐々木氏は、テナントがオフィスビルを探す場合に気にするポイントとして、「取引先、銀行からどう見られるか。特に初めて取引する相手がどう思うか」「採用時に有利に働くかどうか。新卒者、中途採用者が入りたいと思ってくれるか」「社員にどう思われるか」の3つを挙げ、中でも最優先されるのは取引先に対してのイメージだという。

   そこで問題になるのがリフォーム。佐々木氏は、「ニーズを知れば改善点は見えてくる」とし、ビルをバリューアップするリフォーム法を指南するとともに、管理やテナント募集の仕方にも詳しく言及する。

   単行本(ソフトカバー)、191ページ。定価1260円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中