その3Dハンディカム、ただ者ではなし!

印刷
思い出も3D映像の時代
思い出も3D映像の時代

   ソニーは高画質なフルハイビジョン3D映像の撮影が手軽にできる3Dハンディカム「HDR-TD10」を2011年4月に発売する。

   420万画素、10倍ズーム、手ブレ補正など、他機能も充実しており、簡単な操作で表現豊かな3D映像を手軽に撮影することができる。

   撮影した画像は、高解像タッチパネルの液晶モニターを使い、裸眼ですぐに確認することが可能。その場で楽しむのもアリだが、同梱のケーブルで大画面テレビに繋ぐことで、臨場感あふれる高画質な映像を自宅で観賞するのもオススメだ。

   価格は15万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中