2018年 7月 16日 (月)

「長生きバッテリー」採用、電動アシスト自転車PASシリーズがフルモデルチェンジ

印刷
バッテリーの寿命が約2倍「長生き」になった(写真は、「PAS ナチュラM デラックス」)
バッテリーの寿命が約2倍「長生き」になった(写真は、「PAS ナチュラM デラックス」)

   ヤマハ発動機は、フレームやドライブユニット、バッテリーなどを刷新してフルモデルチェンジを図り、かつコストパフォーマンスに優れた電動アシスト自転車PASシリーズ4機種を、2011年1月27日から順次発売する。

   バッテリーのサイクル寿命を700~900サイクルへと、従来に比べて約2倍に延ばした高耐久リチウムイオンバッテリー「長生きバッテリー」を採用。また、バッテリーボックスのデザインやバッテリーロックの機構も刷新した。これにより、バッテリーは2年、ドライブユニットは3年、さらにはフレームとフロントフォークも3年と、製品保証期間を延長。コストパフォーマンスも、従来より約5~8%価格を抑えた。

   希望小売価格は、「PAS ナチュラS」が9万9800円、「PAS ナチュラM デラックス」は10万5800円(発売日は3月10日)、「PAS Ami」10万4800円(同)、「PAS CITY‐S」9万9800円(発売日は1月27日)。なお、希望小売価格にはバッテリーを含む車両価格と専用充電器価格(7000円)を含む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中